デモ動画

IchigoJam

LEDと押しボタン

IchigojamでLEDを押しボタンを制御する

【使用機材】

  • IchigoJam
  • LED 4個

テープLEDで表示パネル

テープLEDで8x16ドットマトリクス表示パネルを製作。Ichigojamで表示する

【使用機材】

  • IchigoJam
  • テープLED 128個

8x8ドットLEDで表示

8x8ドットマトリクスLEDをカスケード接続し、Ichigojam で表示する

【使用機材】

  • IchigoJam
  • 8x8 ドットマトリクスLED 16個

7セグメントLED

Ichigojam で7セグメントLEDを制御する

日本語文字の表示

Ichigojamで拡張メモリー内の日本語文字を表示する

【使用機材】

  • IchigoJam
  • 8x8ドットマトリクスLED 8個
  • EEPROM モジュール 32kB

カムロボット

Ichigojamでカムロボットを走らせる。 直進、急旋回、緩く円を描く走行を組み合わせ、前方の赤外線センサーで障害物を感知したら後進・旋回します。

【使用機材】

  • IchogoJam
  • カムロボット(タミヤ製)
  • 赤外距離センサーモジュール
  • LED 2個

サーボモーター駆動デモ

IchigoJameにモーターボード(Maple Syrup)を接続すると4個のサーボモータを動かすことができる。180°サーボモータ2個と連続回転サーボモータ2個をスイッチ4個を使って動かすプログラム。





Arduino

プロポーショナルフォント

新幹線の車内前方に流れるニュース…。この英数の等幅文字が何とも美しくない。そこで、プロポーショナル文字を使って英数文字を美しく表示させる電光表示版をArduinoで作ってみた。更に、押しボタンで3種類のプロポーショナルフォントを切り替えられるようにした。

スマホで操作

スマホには自身の姿勢を検知するセンサーがある。一方、ArduinoにBluetoothモジュールを取り付ければスマホと通信できる。そこでスマホでサーボモータを制御するプログラムを作ってみた。 本当は、Arduino1台で実現したかったのだが、たぶんサーボモータ出力のパルスがスマホとのBluetooth 通信を邪魔するらしく不安定。そのためサーボモータ用とBluetooth用の2台のArduinoで実現させた。

テレビのリモコンで操作

Arduinoをテレビのように赤外線リモコンで操作できるようにしてみた。まずは1つ目のプログラムでリモコンの信号コードを読み取り、2つ目のプログラムでそのコード信号を受信したときに動く機能を追加する。

スマホ接続 電光掲示板

掲示板に表示する文字を自由に変更できなければ使えない。そこで、ArduinoにスマホをBluetooth接続して簡単に表示内容を変更できるようにしてみた。ただし、英数文字だけ。日本語表示には膨大な文字データが必要なので、このシステムでは無理。ひらがな、カタカナだけなら可能かも…。

【使用機材】

  • Arduino Pro mini
  • 8x8ドットマトリクスLED 8個
  • EEPROM 32kB
  • Bluetooth モジュールHC-05